ケノンのまゆ毛脱毛器は2017年以前のようにモデルチェンジでなくなる?

ケノンのまゆ毛脱毛器は、メーカー側の意向で度々出たり なくなったりする商品で、まあよくコロコロ変わります。基本的にはキャンペーン商品ということで、当然といえば当然なのですが。

2018年に入ってからは比較的安定してケノンに付属されて、本体と一緒に売られています。ですが2017年以前は、本当に完全に姿を消していたため「廃番」が疑われたほど。無事に復活できて何より といった感じです。

そんなケノンのまゆ毛脱毛器の今後の動向がちょっと気になったので記事にしてみました。同じくケノンのまゆ毛脱毛器が気になっている人の参考になれば幸いです。

ケノンまゆ毛脱毛器は2017年に復活!!

ケノン まゆ毛脱毛器 2017
ケノンのまゆ毛脱毛器は、2016年度はほとんど見ることはなく、てっきり「完全になくなった」ものと思っていました。

ところが、2017年に無事復活!まゆ毛脱毛器が付かなかった頃に買った人はさぞ悔しい思いをされていることでしょう。

|ケノンのまゆ毛脱毛器が付いてない!どうすればいいの?

まゆ毛脱毛器が付いていない時期にケノンを買ってしまった人が、まゆ毛脱毛器のみを単品で購入することはできません

「どうしてもまゆ毛脱毛器が欲しい!」という場合は、新しくまゆ毛脱毛器付きのケノンを買うしかありません。なにしろ、ケノンのまゆ毛脱毛器は、製造の工程でケノンに完全に接続されているものだからです。使わないからといって取り外したり、途中で付けたりといったことができないのです。

|「まゆ毛脱毛器なんていらない」という人もいるけれど..

ご存知かと思いますが、ケノンのまゆ毛脱毛器は「高周波」による毛抜きです。いわば、”電気式(電磁波)毛抜き” とでもいいましょうか。ピンセットの先端で挟んだ毛に高周波を流し 毛根にダメージを与え、毛を抜けやすくするというもの。

このやり方がちょっと問題で・・毛を挟んで通電する時間が約8秒間あり、その間 毛をつまんだ状態でジッと待たないならず、さらに1本1本での処理ということで「指が疲れる」「めんどくさい」「時間がかかる」「ピンセットが挟みづらい」など、あまりいい評判がありません。

ですがケノン以外で、通常ネットショップなどで市販されている、ケノンと同じような形状の高周波脱毛器を見てみると、性能的にはケノンのまゆ毛脱毛器の方がはるかに優れていると思うものばかりです。

通電時間が20〜30秒かかる(その間は常にフリーズ状態)ものだったり、電池式で連続稼働時間が短かったり など。それが1万円なり4,5千円なりするわけですから、ケノンのように本体に付属されている状態で(いわばタダ)、いつでも好きな時に使えるのですから贅沢はいっていられない といったところです。

|”痒い所に手が届く” あったらあったで役に立つ!

ケノンのまゆ毛脱毛器は、まゆ毛以外にも鼻毛の処理やi・oラインの粘膜部分のムダ毛処理・耳毛など、とにかく ”痒い所に手が届く”、そんな高周波毛抜きです。

無くても特に困らないもの程、あると便利なものです!

ケノンがそろそろモデルチェンジってホント!?

ケノンのまゆ毛脱毛器の性能の方に話が脱線してしまいましたが・・そもそもケノンは、2009年に開発された「イーモ」という初代のケノンともいえる機種から始まり(元は ”アイエピ(現在のトリア)” や ”シルキン”)、さらに改良を加えられた「イーモリジュ」が2011年に誕生!そしてその後ほぼ期間を開けずに2012年に「ケノン」!と、モデルチェンジの歴史を繰り返してきました。

つまり ”ケノン” という形になってから、かれこれ7年が経とうとしているワケです。ケノンという形になってからは定期的に機能の見直しということで「バージョンアップ」がおこなわれ、すでにおよそ10バージョンほど出されています。

そして昨年2017年にはバージョンアップとともに新型の『プレミアムカートリッジ』をリリースし、さらなるパワーアップを実現しました!

そのような状況で、さらなるバージョンアップを続けるか、新たにモデルチェンジをするか、というのはメーカー側としても迷うところなのではないでしょうか。なにしろもう7年が経とうとしているワケですから…

そのような理由から、間もなく『モデルチェンジ』が実施されることになっても全然おかしくない状況といえるということです。

|モデルチェンジされたらまゆ毛脱毛器はなくなるの?

「もしケノンのモデルチェンジがおこなわれた場合、まゆ毛脱毛器がなくなるか」というのはケノンメーカーのみぞ知る・・というところですが、過去の事例を見てみると、カートリッジに関しては バージョンアップにしたがって廃盤になってしまったものも数点あります。

カートリッジの場合は本体との連携で、さらなるパワーアップのためには仕方のない処置だといえます。ですが、まゆ毛脱毛器は、まったくの別方式(高周波)ともいえる脱毛器なのでなくなることはないのではないか、と思われますが断言はできません。

ケノンが高周波脱毛器を必要としないくらい、現行のまゆ毛脱毛器がなくてもカバーできようなカートリッジを開発する というようであれば確実に今の眉毛脱毛器は消えるでしょう。それまでは、おそらく「なくならない」と予想します(希望的観測)。

ケノンはモデルチェンジ不要の完成機種だった?!

ケノンは本体のモデルチェンジをおこなわなくてもカートリッジの性能をアップさせることで、ケノン本体自体が機能アップする、ともいわれています。

確かにカートリッジがどんどん進化して照射回数が増え、寿命が延びていくにつれてケノンもどんどん進化し続けている、というのは事実。ですがカートリッジの性能アップとともに進化したケノンのバージョンアップで、使えないカートリッジがかなり出ているのも事実。

2017年に新型プレミアムカートリッジが誕生したことで、おそらく今度はラージカートリッジが姿を消すことになると予想します。つまりこのままバージョンアップを続けていると、やがて限界がくるのではないか、と思うワケです。

というような理由で、いきなりのモデルチェンジということも十分に考えられます。

ケノンには古いバージョンの下取りサービスがある?!

上記のようにケノンは度々バージョンアップを繰り返して性能&機能をアップさせてきました。進化するのはいいのですが、買った後に次々を新しいケノンが出て、自分が買ったものが古く 使えるカートリッジの数も徐々に減ってくるとなると、やはり内心穏やかでなありません。

ですが、そんな不安も解消してくれるサービスが用意されています。それが古い機種の『下取りサービス』です。

公式販売サイトでは他社機・ケノンの下取りは不定期でおこなっているようです。他社機のみでケノンはしていない時もあります。

古い機種の下取りをしたい場合は、楽天がオススメ!楽天の正規販売店では、比較的頻繁に下取りサービスをおこなっていて、公式サイトよりも多くの機種(他社機)を扱っています。公式の方で旧バージョンのケノンをやっていない時でも楽天ではしていることがあります。

ちなみにケノンの下取りができるのは ”正規品” のみ。ケノンは購入した時にメーカー側に購入履歴が残ります ので、正規品でない場合(中古品など)はすぐにわかります。

このような下取り制度を利用すれば、新しいバージョンの最新式ケノンを手に入れることができます。しかも下取り価格分が安くなるのが嬉しいですね!

|下取りに出すのもタイミングを狙うことが重要!

ただ単に下取りができる!と舞い上がって、その時のケノンの特典やサービス状況を見逃してしまう..ということのないようにしましょう!

何にもサービス品が付かないキャンペーンオフの期間だったり、特にまゆ毛脱毛器が欲しい人は、必ずそこのところのチェックを欠かさないようにすること。まゆ毛脱毛器が付いている時を狙って、下取りサービスで最新式のケノンをお得に手に入れましょう!


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/glandbleu21/divinasangria.com/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27